おすすめ投稿

お茶には血糖値を下げる効果がある

お茶が血糖値を下げるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

では、お茶ならなんでも血糖値を下げるのかというとそうではありません。

近頃スーパーやコンビニでよく目にするトクホというものがあります。

トクホとは特定保健用食品の略で、効果効用を記載してもよいと許可を消費者庁長官から受けた商品です。

このトクホにも血糖値を下げるお茶というものがあります。

具体的な成分としては、

L-アラビノース、

グァバ葉ポリフェノール、

難消化性デキストリン、

小麦アルブミン、

豆鼓エキス

がこれにあたります。

どれも糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩やかにするという働きをします。

トクホのお茶はこうした成分をあえて加えているものが多く、実際にお茶として普通に存在するものはグァバ茶の中のグァバ茶ポリフェノールのみになります。

しかし、お茶の成分にはトクホとして認められている物以外にも、血糖値を下げるとされる成分が多く含まれているものがあります。

有名なところで言えば、

ヤーコン茶、

桑の葉茶、

バナバ茶

といったものは糖の代謝を促進したり、糖の吸収を抑える作用があります。

また、お茶の類にはミネラルを多く含むものがたくさんあり、お茶に含まれるミネラルがインスリンの分泌を良くして血糖値を下げる働きをします。

これらのお茶は薬ではないので、飲んだからといってすぐに血糖値が目に見えて下がるであるとか、健康な人が飲んだら下がり過ぎるということはありません。

しかし、血糖値が高い人が血糖値を下げる効果があるお茶を続けていくことで、効果は段々出てくるので、諦めずに飲み続けてみてください。

(神奈川県 咲希さん)




モーラステープで肘関節の痛みが治りました。

私は仕事上、長時間パソコンを使用することが多いため、曲げたりするときに肘関節が痛くなってきました。

最初はあまり強い痛みではなかったのですがしばらく放置して様子見をしていたら、腕の曲げ伸ばしの際の痛みが尋常ではないぐらいに悪化してしまったので会社近くの整形外科で診察を受けました。

レントゲンを撮ってもらったら、いわゆるテニス肘だという診断でした。

やはり日頃のパソコン使用による関節や筋の酷使が原因だということでした。

病院で処方されたのはモーラステープでした。

モーラステープ

モーラステープはいわゆる湿布薬で、一つの袋に7枚ぐらい入っているものを3袋出してもらったのですが、関節に貼ると、そのままだとすぐに剥がれてきてしまうのでその上からネットを巻いて固定をしていました。

モーラステープを貼ると、冷たくてとても気持ちよく、傷んだ関節にじんわりと薬効が浸透していくのがよくわかりました。

特にお風呂上がりにモーラステープを貼るだけで、関節の痛みが和らぐような感覚でしたが、本当に関節炎の炎症が治ってくるまでには1週間ぐらいかかったと思います。

毎日2回ぐらい貼り替えるという使い方でしたが1週間を越えた頃からかなり、腕の曲げ伸ばしの際の痛みが治ってきたのがわかり、10日頃には、普通の曲げ伸ばしの動作のときには痛みが走ることがなくなりました。

モーラステープはかなり効き目が良いので、これは良い湿布だと思いました。

ただモーラステープは、貼っていた肘関節の部分を紫外線に当てると皮膚の炎症を起こしてしまうという注意を受けたので、ずっと長袖をきてカバーするようにしていました。

関節の痛みにはモーラステープが最も処方される湿布だと聞きましたが、確かに効果は絶大なので納得できました。

(東京都 かずさん)

モーラステープ市販で購入するならこちらから




バナバ茶は血糖値を下げる効果があります。

お茶のは元々健康を維持し美容にも良い成分がたくさん含まれた飲み物です。

血糖値を下げるのならばバナバ茶が適しています。

バナバと言うお茶はまだまだ知名度も低く聞き慣れない人も多いと思いますが、血糖値を下げたい人からは人気のあるお茶です。

血糖値を下げるにはミネラルを多く含んだ食品・飲料をとる事が大事だと言われていますが、このバナバは多くミネラルを含んでいます。

そもそもバナバとは何なの?と思われる方もいると思います。

バナバという葉は熱帯・亜熱帯に広く自生する葉で1000年以上前から血糖値を下げるフィリピンの民間薬とされ広く愛され続けている常緑樹です。

日本では『オオバナサルスベリ』と言われこちら名前の方が聞いた事がある人は多いかもしれません。

その葉を乾燥させ煎じた物がバナバです。

バナバには天然ミネラルが豊富で、コロソリン酸という糖分制限に良いとされている成分が血糖値を下げる働きをしてくれることから血糖値を下げたい人から愛されているお茶です。

他のお茶と比較しても、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、タンニンが豊富で食物繊維も含まれているそうです。

これらを含む成分は神経痛改善・便秘改善・胃腸病予防効果もありコレステロール値も下げられノンカフェインなので子供や妊娠している方にも飲める安心、安全なお茶です。

今でもフィリピンでは薬用植物と指定され愛されているそうです。

最近ではバナバのサプリメントにもなるなどで糖尿病予防には適しているお茶だと思います。

(神奈川県 あずさん)




血糖値も下げるしガンも予防するグァバ茶

糖尿病予備軍である私の父が日頃飲んでいるお茶が、グァバ茶です。

グァバ茶には様々な栄養素が含まれています。

主に有名なのが、抗酸化作用により発がん物質を抑制する、渋み成分と言われるタンニン、免疫力アップや老化防止、ストレス解消、疲労回復に効く、ビタミンAとC、そして血糖値を下げる効果があると言われている成分が、ケルセチンです。

ケルセチンはポリフェノールの一種で、ワインや野菜(葉菜類、花菜類の野菜)にも多く含まれている物質で、人間に不足しがちな成分でもあります。

ケルセチンの抗酸化作用は他の物質と比べても強いため、血糖値が上がることで引き起こされる糖尿病や、肥満、ドロドロ血などの生活習慣病を防ぐ効果があるのではないかと言われています。

ただ、毎日大量に特定の野菜を摂取することは、非常に困難で、どうしても不足しがちです。

そこで、毎日食事の時に容易に飲むことができるお茶で摂取するのがオススメです。

グァバ茶の味はそこまで強いものではなく、食事の邪魔もしません。

また、グァバ茶の最大の魅力は、油との相性がいいということです。

血糖値が上がりやすい方は、油をたっぷり使った食事を好むことが多いです。

グァバ茶に含まれる血糖値を下げる成分、ケルセチンは、油と一緒に摂取することにより、効果が増大します。

ケルセチンの研究はまだまだ解明されていない部分も多いですが、血糖値を下げたい方、生活習慣予防をしたい方にはぜひ飲んで頂きたいお茶です。

(岐阜県 matkaさん)

クリアブルーイージーデジタル




コーン茶の効果で血糖値を下げました。

巷では、トクホと言って消費者庁が認定した特定保健用食品といわれる食品が売られています。

その中に特に血糖値を下げたり、血糖値の上がり方をゆるやかにするお茶などを良く目にします。

このトクホのお茶ですが、他に売られている飲み物に比べてややお値段が高めです。

毎日続けていかなければいけない事ですので、このお値段が毎日続ける人にとっては、ややネックになってきます。

自分で淹れる事が出来るお茶の中には、いくつか血糖値を下げる作用があるものもあります。

それならば、ペットボトルのお茶よりも安価で手に入ります。

コーン茶と呼ばれる、とうもろこしのお茶です。

とうもろこしを乾燥させて実を炒ったもので、味は、甘みがあります。

ポップコーンのような華やかな味わいで、大変飲みやすいです。

夏は水出しでアイスティーにしてゴクゴク飲めますし、冬はホットで飲む事が出来ますので一年を通して楽しむ事が出来ます。

コーン茶には食物繊維が多く含まれており、糖質の吸収を抑えておだやかにしてくれる作用があります。

生活習慣病の原因である中性脂肪やコレステロールの吸収も抑えてくれる効果もあるようです。

また、コーン茶はノンカフェインなので、眠る前でも、どなたでも手軽に飲むことが出来ます。

ハーブのお店やお茶を取り扱っているお店で手に入れられます。

茶葉のタイプだと淹れるのが面倒な方でも、ティーバッグタイプで販売している所がありますのでご自身のライフスタイルに合わせる事も出来ます。

(千葉県 すずめさん)

精液を増やす




夫の血糖値が高いので食事療法で頑張っています。

夫の血糖値が高いので、食事療法をあれこれ試しています。

今はまだ血糖値の薬を飲むほどではないのですが、薬を飲むようになってからでは遅いので頑張っています。

まずやった事は、白米を玄米に替えました。

あまり軟らかくなり過ぎないように炊き、回数多くきちんと噛んで食べるようにしてます。

これだけでもかなり糖質を抑えられるようですね。

あと、食事の順番をコース風にしました。

サラダからメインへというふうに、最初に野菜を食べると血糖値がゆっくり上がっていくのでいいそうですよ。

野菜をたっぷり食べれば、メインやご飯の食べ過ぎも防げるので一石二鳥ですよね。

あとは、血糖値が上がるのを防ぐ効果があるということで、『ヤクルトの蕃爽麗茶』を飲んでいます。

ヤクルトの蕃爽麗茶は特保なので効くかなと思うのですが、今のところ夫の血糖値の様子を見ながら飲むようにしています。

また、一人だけ特別食にするとやる気を削がれるかと思うので、お茶以外は私も付き合って同じものを食べるようにしています。

血糖値が高い時の食事は、菜食中心で魚、大豆を少々というダイエットや美肌にも良い食事なので、私にもメリットがあるんですよね(*^。^*)

何とか血糖値の薬を飲まなくてもすむように、これからも夫婦で一緒に食事療法を頑張っていきたいと思います。

(奈良県 あいこさん)




高血糖のわたしが食べものや飲みもので気をつけていること

わたしは実際に糖尿病を患っていますが、血糖値が高いときの対処法としましては、まず、常識的に考えまして、甘いものを食べない、ということが第一だと思います。

それでもどうしても甘いものが食べたいときは、砂糖を使用していないキシリトールガムを噛むように、しています。

料理には、カロリーゼロの甘味料を使用してもらっています。

あまり飲みませんが、コーヒーが飲みたくなったときにも、カロリーゼロの甘味料を使用しています。

もちろん、紅茶に入れてもいいのでしょうが、紅茶の場合は、なにも入れないで飲んでいます。

またもちろん、体にいいヨーグルトも、付属している砂糖は使わず、プレーンのまま食べています。

あと飲みものでは、もちろん砂糖の入ったジュースや、果汁100パーセントのジュースや、野菜ジュースも砂糖が多く入っていると思われますので、飲まないようにしています。

基本的に飲みものは、日本茶と紅茶と白湯だけを飲むようにしています。

いまのところわたしは飲んでいませんが、血糖値を下げる効果のあるお茶やコーヒーもあるそうなので、それはいいかも知れません。

また、先日テレビの健康番組で知ったのですが、チーズにも、野菜のように血糖値を下げる効果があるそうで、カレーやおにぎりに入れても、いいとのことです。

(埼玉県 さん)

たんぽぽコーヒーの通販サイト




糖尿病での高血糖時の対処法!

糖尿病であって血糖値が高くなると本当に心配になってきてしまい不安を感じてしまいます。

なので、まずは血糖値が上がらないように生活することがすごく大事なので食生活には必ずこだわって3食を食べるように工夫をします。

しかし、忙しかったりするとそんなに気をつかえずに気付いた時にはもう高血糖になっていたなんてことも多々あることです。

そんな時にはまず外にでてひたすら歩くことに決めています。

夜遅く暗くなっている時には家にあるステッパーをひたすら踏みながら1時間を過ごしたりもしています。

悩んでいないでまずは体を動かし運動をする!というのがやはり高血糖時には一番のお薬だと実感している日々でもあるのです。

できることならば食後30分くらいたったあたりに運動を必死に頑張るということを繰り返しながら暮らしていると高血糖に悩むこともなくなったりします。

継続は力なりといいますが本当で食べた後の過ごし方にこだわり体を動かすことを生活の一部としてくせにしていくと高血糖で悩まないですむので食生活も豊かに過ごせるようにもなるものです。

食べるばかりを続けずにまずは食べて運動をするということを自分の中に組み込んでしまい日々の生活リズムに加えることがやはり一番の血糖値が高くならない対処法だと思うのです。

(神奈川県 きっこさん)

テストステロンサプリメント通販







血糖値を下げる、お茶、食物と運動

血糖値を下げる方法

■お茶で血糖値を下げる
血糖値の上昇を抑えるポリフェノール。

このポリフェノールが含まれたお茶を甘いものと同時に取ることで血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

おすすめはゴーヤ茶やヤーコン茶などですが、苦くて飲めないという方はウーロン茶などでも効果があります。

■ウォーキングや体操で血糖値を下げる

血糖値をさげるには激しい運動をする必要はありませんが、軽めの運動を毎日やることが必要になります。

1日30分程度の散歩でもいいので初めて見るといいでしょう。

また、プールの中で歩くというのも意外とエネルギーを消化することができますし、プールでの運動は全身が鍛えられるので、血糖値だけではなく全身の筋力アップにも繋がります。

朝食を抜くと糖尿病になりやすい朝食を抜くことで身体は一気に饑餓状態となり、栄養に偏りがでます。

その結果、昼食でできるだけ多くのエネルギーを必要になり、脂っこい物を多く摂取するようになり、それと同時にエネルギーを溜めこむようになります。

当然こんな食生活を続けていれば、血糖値はどんどん上がってしまいます。

朝は軽めでもいいのでキチンと食べ、昼食や夕食で高カロリーの食事をしないようにしましょう。

■血糖値を下げる食品

近年、健康野菜として親しまれているアイスプラントには、インスリン様成分として知られる「ピニトール」が含まれていて、血糖値を下げる効果があります。

また大豆やキナコもピニトールの含有量が高い食品です。

血糖値測定器 通販




食事による血糖値の下げ方

父が何年か前から糖尿病を患っております。

そのため食事療法を行っており、普段から血糖値を下げるための食事に気を使っています。

おかげでここ1~2年くらいは病状も落ち着いていて、運動なども問題なくできるまでに回復しているようです。

(それでもたまにケーキやお酒などを摂って血糖値がガンっと上がることもあるようですが(笑)

その食事内容を簡単に紹介します。

血糖値を下げるためにはミネラルを豊富に含む食品を摂取するのがいいみたいですね。

特に玉ねぎ・わかめなどの海藻類は日常的におかずに入れることができるほどメニューも豊富で、サラダとしてもおいしく食べられるので頻繁に食卓に登場していました。

また、食物繊維が豊富な食べ物は食後の血糖値の上昇を緩やかにできるため、こんにゃくやゴボウもおすすめです。

和食にはこのふたつを美味しく味付けする献立がたくさんあるので、母も楽しそうに調理していました。

そのほかにはオクラが父のお気に入りで、前述の玉ねぎ・わかめとともにサラダにしたり、味噌汁のタネにしたりと積極的に食べていました。

このような食べ物を食べる回数を増やすことで血糖値の上昇を抑えられ、血液もさらさらにすることができるので、糖尿病でない方にもぜひおすすめしたいです。

いま流行の炭水化物抜きダイエットなども効果があるようですが、わたしはこの食事を父とともに食べることでかなり体重も減り体調も良くなったので、体重が気になる方にもぜひ試していただきたい食事療法です。

バリフ 個人輸入