カテゴリー別アーカイブ: 血糖値を下げる

高血糖のわたしが食べものや飲みもので気をつけていること

わたしは実際に糖尿病を患っていますが、血糖値が高いときの対処法としましては、まず、常識的に考えまして、甘いものを食べない、ということが第一だと思います。

それでもどうしても甘いものが食べたいときは、砂糖を使用していないキシリトールガムを噛むように、しています。

料理には、カロリーゼロの甘味料を使用してもらっています。

あまり飲みませんが、コーヒーが飲みたくなったときにも、カロリーゼロの甘味料を使用しています。

もちろん、紅茶に入れてもいいのでしょうが、紅茶の場合は、なにも入れないで飲んでいます。

またもちろん、体にいいヨーグルトも、付属している砂糖は使わず、プレーンのまま食べています。

あと飲みものでは、もちろん砂糖の入ったジュースや、果汁100パーセントのジュースや、野菜ジュースも砂糖が多く入っていると思われますので、飲まないようにしています。

基本的に飲みものは、日本茶と紅茶と白湯だけを飲むようにしています。

いまのところわたしは飲んでいませんが、血糖値を下げる効果のあるお茶やコーヒーもあるそうなので、それはいいかも知れません。

また、先日テレビの健康番組で知ったのですが、チーズにも、野菜のように血糖値を下げる効果があるそうで、カレーやおにぎりに入れても、いいとのことです。

(埼玉県 さん)

たんぽぽコーヒーの通販サイト




血糖値を下げる、お茶、食物と運動

血糖値を下げる方法

■お茶で血糖値を下げる
血糖値の上昇を抑えるポリフェノール。

このポリフェノールが含まれたお茶を甘いものと同時に取ることで血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

おすすめはゴーヤ茶やヤーコン茶などですが、苦くて飲めないという方はウーロン茶などでも効果があります。

■ウォーキングや体操で血糖値を下げる

血糖値をさげるには激しい運動をする必要はありませんが、軽めの運動を毎日やることが必要になります。

1日30分程度の散歩でもいいので初めて見るといいでしょう。

また、プールの中で歩くというのも意外とエネルギーを消化することができますし、プールでの運動は全身が鍛えられるので、血糖値だけではなく全身の筋力アップにも繋がります。

朝食を抜くと糖尿病になりやすい朝食を抜くことで身体は一気に饑餓状態となり、栄養に偏りがでます。

その結果、昼食でできるだけ多くのエネルギーを必要になり、脂っこい物を多く摂取するようになり、それと同時にエネルギーを溜めこむようになります。

当然こんな食生活を続けていれば、血糖値はどんどん上がってしまいます。

朝は軽めでもいいのでキチンと食べ、昼食や夕食で高カロリーの食事をしないようにしましょう。

■血糖値を下げる食品

近年、健康野菜として親しまれているアイスプラントには、インスリン様成分として知られる「ピニトール」が含まれていて、血糖値を下げる効果があります。

また大豆やキナコもピニトールの含有量が高い食品です。

血糖値測定器 通販




食事による血糖値の下げ方

父が何年か前から糖尿病を患っております。

そのため食事療法を行っており、普段から血糖値を下げるための食事に気を使っています。

おかげでここ1~2年くらいは病状も落ち着いていて、運動なども問題なくできるまでに回復しているようです。

(それでもたまにケーキやお酒などを摂って血糖値がガンっと上がることもあるようですが(笑)

その食事内容を簡単に紹介します。

血糖値を下げるためにはミネラルを豊富に含む食品を摂取するのがいいみたいですね。

特に玉ねぎ・わかめなどの海藻類は日常的におかずに入れることができるほどメニューも豊富で、サラダとしてもおいしく食べられるので頻繁に食卓に登場していました。

また、食物繊維が豊富な食べ物は食後の血糖値の上昇を緩やかにできるため、こんにゃくやゴボウもおすすめです。

和食にはこのふたつを美味しく味付けする献立がたくさんあるので、母も楽しそうに調理していました。

そのほかにはオクラが父のお気に入りで、前述の玉ねぎ・わかめとともにサラダにしたり、味噌汁のタネにしたりと積極的に食べていました。

このような食べ物を食べる回数を増やすことで血糖値の上昇を抑えられ、血液もさらさらにすることができるので、糖尿病でない方にもぜひおすすめしたいです。

いま流行の炭水化物抜きダイエットなども効果があるようですが、わたしはこの食事を父とともに食べることでかなり体重も減り体調も良くなったので、体重が気になる方にもぜひ試していただきたい食事療法です。

バリフ 個人輸入