カテゴリー別アーカイブ: 血糖値を下げるお茶

バナバ茶は血糖値を下げる効果があります。

お茶のは元々健康を維持し美容にも良い成分がたくさん含まれた飲み物です。

血糖値を下げるのならばバナバ茶が適しています。

バナバと言うお茶はまだまだ知名度も低く聞き慣れない人も多いと思いますが、血糖値を下げたい人からは人気のあるお茶です。

血糖値を下げるにはミネラルを多く含んだ食品・飲料をとる事が大事だと言われていますが、このバナバは多くミネラルを含んでいます。

そもそもバナバとは何なの?と思われる方もいると思います。

バナバという葉は熱帯・亜熱帯に広く自生する葉で1000年以上前から血糖値を下げるフィリピンの民間薬とされ広く愛され続けている常緑樹です。

日本では『オオバナサルスベリ』と言われこちら名前の方が聞いた事がある人は多いかもしれません。

その葉を乾燥させ煎じた物がバナバです。

バナバには天然ミネラルが豊富で、コロソリン酸という糖分制限に良いとされている成分が血糖値を下げる働きをしてくれることから血糖値を下げたい人から愛されているお茶です。

他のお茶と比較しても、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、タンニンが豊富で食物繊維も含まれているそうです。

これらを含む成分は神経痛改善・便秘改善・胃腸病予防効果もありコレステロール値も下げられノンカフェインなので子供や妊娠している方にも飲める安心、安全なお茶です。

今でもフィリピンでは薬用植物と指定され愛されているそうです。

最近ではバナバのサプリメントにもなるなどで糖尿病予防には適しているお茶だと思います。

(神奈川県 あずさん)




血糖値も下げるしガンも予防するグァバ茶

糖尿病予備軍である私の父が日頃飲んでいるお茶が、グァバ茶です。

グァバ茶には様々な栄養素が含まれています。

主に有名なのが、抗酸化作用により発がん物質を抑制する、渋み成分と言われるタンニン、免疫力アップや老化防止、ストレス解消、疲労回復に効く、ビタミンAとC、そして血糖値を下げる効果があると言われている成分が、ケルセチンです。

ケルセチンはポリフェノールの一種で、ワインや野菜(葉菜類、花菜類の野菜)にも多く含まれている物質で、人間に不足しがちな成分でもあります。

ケルセチンの抗酸化作用は他の物質と比べても強いため、血糖値が上がることで引き起こされる糖尿病や、肥満、ドロドロ血などの生活習慣病を防ぐ効果があるのではないかと言われています。

ただ、毎日大量に特定の野菜を摂取することは、非常に困難で、どうしても不足しがちです。

そこで、毎日食事の時に容易に飲むことができるお茶で摂取するのがオススメです。

グァバ茶の味はそこまで強いものではなく、食事の邪魔もしません。

また、グァバ茶の最大の魅力は、油との相性がいいということです。

血糖値が上がりやすい方は、油をたっぷり使った食事を好むことが多いです。

グァバ茶に含まれる血糖値を下げる成分、ケルセチンは、油と一緒に摂取することにより、効果が増大します。

ケルセチンの研究はまだまだ解明されていない部分も多いですが、血糖値を下げたい方、生活習慣予防をしたい方にはぜひ飲んで頂きたいお茶です。

(岐阜県 matkaさん)

クリアブルーイージーデジタル




コーン茶の効果で血糖値を下げました。

巷では、トクホと言って消費者庁が認定した特定保健用食品といわれる食品が売られています。

その中に特に血糖値を下げたり、血糖値の上がり方をゆるやかにするお茶などを良く目にします。

このトクホのお茶ですが、他に売られている飲み物に比べてややお値段が高めです。

毎日続けていかなければいけない事ですので、このお値段が毎日続ける人にとっては、ややネックになってきます。

自分で淹れる事が出来るお茶の中には、いくつか血糖値を下げる作用があるものもあります。

それならば、ペットボトルのお茶よりも安価で手に入ります。

コーン茶と呼ばれる、とうもろこしのお茶です。

とうもろこしを乾燥させて実を炒ったもので、味は、甘みがあります。

ポップコーンのような華やかな味わいで、大変飲みやすいです。

夏は水出しでアイスティーにしてゴクゴク飲めますし、冬はホットで飲む事が出来ますので一年を通して楽しむ事が出来ます。

コーン茶には食物繊維が多く含まれており、糖質の吸収を抑えておだやかにしてくれる作用があります。

生活習慣病の原因である中性脂肪やコレステロールの吸収も抑えてくれる効果もあるようです。

また、コーン茶はノンカフェインなので、眠る前でも、どなたでも手軽に飲むことが出来ます。

ハーブのお店やお茶を取り扱っているお店で手に入れられます。

茶葉のタイプだと淹れるのが面倒な方でも、ティーバッグタイプで販売している所がありますのでご自身のライフスタイルに合わせる事も出来ます。

(千葉県 すずめさん)

精液を増やす




お茶には血糖値を下げる効果がある

お茶が血糖値を下げるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

では、お茶ならなんでも血糖値を下げるのかというとそうではありません。

近頃スーパーやコンビニでよく目にするトクホというものがあります。

トクホとは特定保健用食品の略で、効果効用を記載してもよいと許可を消費者庁長官から受けた商品です。

このトクホにも血糖値を下げるお茶というものがあります。

具体的な成分としては、

L-アラビノース、

グァバ葉ポリフェノール、

難消化性デキストリン、

小麦アルブミン、

豆鼓エキス

がこれにあたります。

どれも糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩やかにするという働きをします。

トクホのお茶はこうした成分をあえて加えているものが多く、実際にお茶として普通に存在するものはグァバ茶の中のグァバ茶ポリフェノールのみになります。

しかし、お茶の成分にはトクホとして認められている物以外にも、血糖値を下げるとされる成分が多く含まれているものがあります。

有名なところで言えば、

ヤーコン茶、

桑の葉茶、

バナバ茶

といったものは糖の代謝を促進したり、糖の吸収を抑える作用があります。

また、お茶の類にはミネラルを多く含むものがたくさんあり、お茶に含まれるミネラルがインスリンの分泌を良くして血糖値を下げる働きをします。

これらのお茶は薬ではないので、飲んだからといってすぐに血糖値が目に見えて下がるであるとか、健康な人が飲んだら下がり過ぎるということはありません。

しかし、血糖値が高い人が血糖値を下げる効果があるお茶を続けていくことで、効果は段々出てくるので、諦めずに飲み続けてみてください。

(神奈川県 咲希さん)