お茶が血糖値を下げるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

では、お茶ならなんでも血糖値を下げるのかというとそうではありません。

近頃スーパーやコンビニでよく目にするトクホというものがあります。

トクホとは特定保健用食品の略で、効果効用を記載してもよいと許可を消費者庁長官から受けた商品です。

このトクホにも血糖値を下げるお茶というものがあります。

具体的な成分としては、

L-アラビノース、

グァバ葉ポリフェノール、

難消化性デキストリン、

小麦アルブミン、

豆鼓エキス

がこれにあたります。

どれも糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩やかにするという働きをします。

トクホのお茶はこうした成分をあえて加えているものが多く、実際にお茶として普通に存在するものはグァバ茶の中のグァバ茶ポリフェノールのみになります。

しかし、お茶の成分にはトクホとして認められている物以外にも、血糖値を下げるとされる成分が多く含まれているものがあります。

有名なところで言えば、

ヤーコン茶、

桑の葉茶、

バナバ茶

といったものは糖の代謝を促進したり、糖の吸収を抑える作用があります。

また、お茶の類にはミネラルを多く含むものがたくさんあり、お茶に含まれるミネラルがインスリンの分泌を良くして血糖値を下げる働きをします。

これらのお茶は薬ではないので、飲んだからといってすぐに血糖値が目に見えて下がるであるとか、健康な人が飲んだら下がり過ぎるということはありません。

しかし、血糖値が高い人が血糖値を下げる効果があるお茶を続けていくことで、効果は段々出てくるので、諦めずに飲み続けてみてください。

(神奈川県 咲希さん)